太陽光発電の点検ガイドライン

MENU

点検のガイドラインが存在する!

現在、【メーカーが点検事項を定め、この点検を実施すること】が、メーカーの機器に対する保証の前提条件になっているケースがあります。

 

この場合にはメーカーが点検内容についてある程度確認し了解しているものとも考えられますので安心できるのではないかと思います。

 

一方で、民間で作成された点検のガイドラインもあります。

 

このガイドラインを守ることが法律で求められているわけではありません。

 

しかし、このガイドラインを理解しておくことで、ガイドラインに沿った点検を求めることもできますし、業者がそれとは異なる点検をしようとしていた場合(ガイドラインにあることをしなかったり、ガイドラインにないことをしていたり)に、理由を確認することができるようになります。

 

太陽光発電の点検に関するガイドラインとしては、社団法人日本電機工業会の JEM-TR228(小出力太陽光発電システムの保守・点検ガイドライン)が最も信頼されているガイドラインになります。

 

日本電機工業会は電機製品に関連するメーカーなどが集まって、【自分たちのルール】を作っている団体です。

 

名だたるメーカーはほとんどが参加しており、日立、ソニーから一般には少しなじみの薄い三菱重工、IHI等が会員です。

 

【自分たちのルール】って・・・?

例えばコンセントの形のようなものをお考えいただければよいかと思います。
各社が勝手に作ると世の中全体としては使い勝手が悪いものになってしまうことから、そのルールを決める団体です。

 

この団体が太陽光発電について、みんなが共通して使える点検のルールとして作ったのが、
上記【小出力太陽光発電システムの保守・点検ガイドライン】になります。

 

小出力は、太陽光発電全体の中の小出力なので、【50kw以下】と一般家庭ではありえない大きさから、それより小さいもの全般が想定されています。

 

大変残念なことに、このルール、見るにはお金がかかります(千円ちょっと)。

 

ただ、50kwの太陽光発電の点検と4,5kwの太陽光発電の点検では、どこにポイントを置くかが変わってきます。

 

そのため、家庭用には別のガイドラインが作成されています。

 

【家庭用太陽光発電】の点検ガイドライン

日本電機工業会(JEMA)のガイドラインよりも、さらに小規模、つまりは家庭用の太陽光発電に関する点検のガイドラインは、太陽光発電協会(JPEA)という団体が作成しています。

 

このJPEAは太陽光発電に特化していることと、太陽光発電に関わる多様な関係者(シャープ等のメーカー、ミサワホーム等の住宅メーカーに加えて、工事施工業者や、ヤマダ電機等の販売会社)が参加していることが特徴です。

 

JPEAが2012年8月に発表したのが、「太陽光発電システム保守点検ガイドライン【住宅用】」です(ややこしいのですが、このガイドラインが完成したのは7月、発表されたのが8月です)。

 

このJPEAのガイドラインはJEMAのガイドラインを元に作成されていることがその前文に明記されています。

 

このガイドラインには大まか以下の事柄が記載されています。

  • (1)4年に1回以上定期点検を行う
  • (2)定期点検はPV施行技術者又はPVシステムメーカーの施行ID保有者

    (つまりは専門家)が行う

  • (3)目視及び測定により点検を行う
  • (4)設置者が月1回程度、目視により点検を行う。異常があれば専門家に見てもらう

 

これが「推奨」されているのであって、「強制」されているわけではない点にご注意ください。

 

実際の点検はどのように行われる?

業者に依頼するのは(3)の点検項目

 

【目視】

業者の点検の「目視」は目で見て確認する項目で、多く【(4)設置者の点検】とかぶります。

 

【測定】

対して「測定」は、基本的には機器を用いて計量し、数値が一定範囲にあることを確認することになります。

 

専用の機器や知識が必要となり、ユーザーがイメージする【点検】に最も近いと思います。

 

 

設置者自身も(4)目視の点検を!

目視の点検とは、一言で言い換えると【異常がないかを確認する】ことです。

 

どの程度だと異常か、判断が難しいのですが、明らかに電線が千切れているとか、太陽光パネルが割れている、とかいうレベルの異常が想定されています。

 

(4)は目視で確認すべき箇所が列挙してあります。

 

大きくはパネル、接続箱、パワーコンディショナー。
またそれぞれについて具体的な見るべきところが記載してあり、何に注意してみればいいのかも書いてあります。

 

項目ごとに、非常に詳しく記載されています。
一度目を通していただければいいのではと思います。
「太陽光発電システム保守点検ガイドライン【住宅用】」