太陽光発電が利用されている場所

MENU

身近な太陽光発電

太陽光発電設備は数百円で購入することもできるし、自分で作成することも可能です。

 

まずは太陽光発電の用途を考えてみることで太陽光発電の仕組みを学ぶことができるのではないかと思います。

 

まず、太陽光発電設備を購入する場合を考えてみましょう。

 

最も身近な太陽電池【電卓】

私にとって一番身近な太陽光発電設備は、電卓です。
電卓にはソーラーパネルが付いており、電池がなくても明るいところで発電されていて使うことができます。

 

何故電卓にソーラーパネルが搭載され、他の電化製品にはそれほど普及していないのか、明確な理由はないようです。

 

電卓は消費電力がとても小さいことから、少しの量を発電できれば動かすことができ、これが他の電化製品とは違うのだと言われることがある一方で(同じように消費電力が極小な時計にもソーラーパネルが使われることがあります)、電卓は日中ずっと電気を蓄え続けており(一日中電卓叩き続ける人って特殊な商売だと思います)、その時間に発電した分だけで動いているわけではないという人もいます。

 

仮に後者の、蓄電している分が一日かければそれなりに溜まるのだという話が正しいのであれば、電動歯ブラシや電気かみそり等、一日の大部分は使われていない機器にも今後、搭載されていいような気がします。

 

独立して使用されている太陽電池

 

次に、【電気で光を出すだけのもの】にも太陽光発電はよく用いられています。
具体的には公園や道路の照明や道路標識(夜間に光るもの)、山小屋や灯台も太陽光発電を活用しているものがあります。

 

元々、太陽光発電の仕組みは、電力供給が難しい場所や地域を想定されていました。
太陽光発電が初めに構想されたのは電力を受け取る方法のない宇宙ステーションのことです。

 

太陽光発電の今後

今後の技術革新により、またエコ意識の高まりにより、世の中で広く太陽光発電で動くものが増えていく可能性があります。

 

特にキャンプ場などで太陽光発電により簡単に電源を手に入れられるようになると、暖かい飲み物がその場で作れたり、日中に充電した電気を使ったランプで夜中まで楽しめたり、楽しみが広がるように思います。